スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hydor Pico evo.mag

2010年06月19日 16:43

こんにちはー。

今回は珍しく新製品のレビューです。

購入したのはhydor社から発売された水流ポンプ、Pico evo.mag(ピコ エボマグ)です。

hydor社といえばコラリアとかフローとかで有名ですね。

P1090008.jpg
600L/hと950L/hの2種類購入。

裏面には
・流量調節可
on/offタイマー使用可
・フローを付けれますよ
とかが書いています。
タイマーは試していませんが、タイマー使用可はありがたいですね。

開けるとこんな感じ。
P1090010.jpg
P1090011.jpg
上が600L/h、下が950L/h。
コラリアナノと同じような固定方法です。
磁石で挟むタイプ。
初期ロット分にはフローが付いているようです。


大きさ比較。
定規がなかったのでメガバイトで!
P1090013.jpg
左が600L/h、右が950L/h


フローを付けるとこんな感じ。
P1090018.jpg
ちょっと長い。。

上から
P1090019.jpg
薄いです!

600L/hの方は首振り可能。(自動ではありません)
P1090022.jpg



ちょっと見づらいかも知れませんが950L/hの動画(そのうちHDに切り替わると思います。。)




横幅90cmの水槽です。
右奥に付いているエアー噛みまくっているのがエボマグです。
他のポンプも回しっぱなしなので、エボマグだけの水流ではないですが、フロー付けても半分(45cm)くらいまでは届いています。


一応600L/hは60cm水槽、950L/hは90cm水槽用と書かれていましたが、フローを付けると1つでは物足りないかもしれません。
それでも2つくらい付ければ十分メインの水流ポンプとして使えそうです。
(飼育している種類によっては2つ付けると強くなりすぎるかも)


さらに
P1090028.jpg
小さいのでこんな隙間にも置けますし、岩の裏とかのちょっとしたスペースに置いて、
「いままで水流が届いていなかった場所にも水流を作る」
という使い方ができます。

僕はこういう目的で購入しました。

どう使うにしろ、大きさを考えるとこの水流の強さは立派です。
技術はどんどん進歩して行きますね。
値段も比較的リーズナブルですし、水流の改善や強化には十分使えると思います。

太い水流のコラリアと、フローを付けて水流に動きをつけるエボマグ。

ポンプ選びもいろいろ悩ませてくれます^^;


では
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。