スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨海実習パート2

2009年07月29日 12:50

ごめんなさい(>人<)
更新するの1日遅れちゃいました。

前回の続きの前に、
祝200hit突破。
皆様、いつも見に来ていただいて、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いしますkao01

えっと、前回に引き続き臨海実習ネタなんですが、
1日目が終わる前に、灯火採集を忘れていましたわらい

灯火採集って、いっても火を焚くわけでもなく、
ボート乗り場にボートの明かりをつけるだけ電球
点けたり消したりしながら、獲物を狙うわけですが、一番の獲物は、
イカなんです。
10cmくらいのアオリイカや、3 cmくらいのミミイカ(天使の羽みたいなのがついて、めっちゃかわいいですよーさとと-キラキラピンク)が採集できるんです。
後は、クラゲやヤコウチュウがきらきら光ってますキラキラY

そして、イカもそこそこに。一番みんなが盛り上がっていたのは、
こちら
P1020712.jpg
なんだか分かりますか??
まん丸、お米に顔を書いたみたいですが、





これは、
ウミホタル月
めっちゃかわいいくないですかー?ちょっと間抜けで(笑)
海水中を光りながら泳いでるのですが、この子、おもしろいんですよー。
採ったあと、手でつぶすと、青白く、光るんですキラキラ?!!
結構キレイでしたー!!

これ、乾燥させても、光るそーなんですが、不思議ですよねーkao02
こんなのが、うじゃうじゃ採れましたよ手書き風シリーズ26ピース
P1020708.jpg


そして、2日目。
2日目は、ほとんど、自由行動キイロイトリ
採集したものをスケッチしたり、名前調べたり。あとは、出かけたり。

そーそーウニの発生の観察も欠かさずに。
でも、ウニの発生の一番の楽しみである、孵化シーンを見逃してしまいまして、テヘおちこみ

これ、地味に感動しますよ!!
受精膜から生まれ出てくる瞬間?!!!人間の出産に立ち会っているかのように、力んでしまいます(笑)
うーん。今回見れなかったのは残念です↓↓。
これは、2日経ったウニの赤ちゃん。この砂みたいのです。
P1020696.jpg


後は、カイメンの再集合実験なんてことも、
色の違う2種類のカイメンを細かく切って、海水中でしばらく放っておくと、再び同じ色の細胞同士引っ付くらしいんです。
ってことで、やってみたのですが、
今回は上手くいきませんでした><;
P1020697.jpg

どこまで、ばらばらにするのか、どのくらいの倍率の顕微鏡観で察するのかが分からず、
Give Upうわー
また、近場の磯採集で採ってきて、やってみたいと思います!!!

2日目の干潮時には、近場の磯で、採集。
ここでも、小さい魚や、貝など、いっぱいいました。キクメイシやケヤリもいっぱいでした。

またまた、面白い生き物を採集しました。
P1020757a.jpg
↑これは、ミノガイ(?)口をパクパクさせて、一生懸命泳いでました(笑)

P1020652a.jpg
↑これは、カイメンの仲間らしいですよ。タマカイメン。


そして、
採集したお気に入りを集めて小さな水槽に
P1020719.jpg
P1020613.jpg
少し、UP↓
P1020720.jpg
ヨウジウオやタツノオトシゴ、ウミウシや、エビなど。
あとは、海藻やカイメンをいれて、小さなリフジウム水槽が出来上がり。
いろんな微生物がうじゃうじゃで、タツノオトシゴも、ヨウジウオもパクパク何か食べてました。


そんなこんなで、2泊3日の臨海実習を楽しく過ごさせて頂きましたkao03
臨海実習先の先生方お世話になりました。





最後に、にこちゃんカニで、さよならですバイバイ
P1020723.jpg
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。