スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウネウネの正体は。。

2010年03月31日 12:40

お久しぶりです^^;


そろそろ更新頻度が上がるとか言っておきながら、このザマです。。
きっとそろそろちわ丸も現れるでしょう!
僕もちわ丸も相変わらずですが、気長に待ってやってくださいmm


さて、前の記事で登場した謎のウネウネ。正体が発覚しました。

P1012749.jpg
P1012758.jpg
ウミウシでした(;゚ロ゚)
こうちゃんさん大正解です!

ヒドロ虫駆除に用いられる青っぽい個体ではないですが、ムカデミノウミウシの一種のようです。
体長約4cm。
ウネウネは1~2cm。
サンゴを食べるようなので即刻駆除!

が、時すでに遅し。
クダはすっからかんになってしまいました。。
せっかくの綺麗なフィジークダがぁぁぁぁぁぁ。
悪いことしました。

しかしキモチワルイ。
このウネウネはイソギンチャクへの擬態でしょうか?
昼間はクダサンゴの隙間でじっとしており(クダサンゴを食べていた?)
夜見ると水槽面を這っていました。
じっとしている間は前記事のように本体は見えず、一見イソギンチャクのようです。

不思議生物の登場は海水水槽の魅力のひとつですが、有害生物は勘弁です。
幸い被害はクダだけで済みましたが、皆さんもご注意を!


お口直しに夜の水景(左側)。
P1012798.jpg
一切記事にしていませんが、マメスナゾーンひっそりと拡大中です^^
また後日個別に紹介しますね。

では今日はこの辺で
スポンサーサイト

何コレ?

2010年03月11日 11:50

こんばんは!

相変わらずの更新頻度です。。
もっと頑張られば。


今日は水槽の不思議な生物編です!


年初めに買ったクダサンゴですが、クダの隙間に何かいる。。
P1080147.jpg

ちょっとズーム
P1080164.jpg
何ですかコレは??
イカの足みたいなウネウネがいっぱい∑(ёロё)
模様もなんだかキモチワルイ。

これが現れてからポリプを出さなくなりました。
気持ちが悪いのですが、クダサンゴもまだ生きているようなのでリフジウム兼サンプへ非難。

このウネウネももちろん生きていて、ピンセットで引っ張ろうとするとクダの奥に逃げます。
頑張ってピンセットで引っ張って見ると足(?)1本1本はあっさり取れます。

一時頑張って何本か抜いたのですが、どんどん増えているような・・?

P1080153.jpg
過去に何魚もやっつけてきたと思われるボクサーもこいつはやっつけてくれないみたいです。
触れてもまったく無反応。
こういうときこそ頑張ってくれればいいのに。。

しかしほんとにこのウネウネは何者なんでしょう?
ピンセットで引っ張りまくっても大丈夫かな??

こいつの正体に心当たりのある方は是非ご一報を!


では

サンプ→リフジウム

2009年10月23日 20:26

こんばんは!


今回は久しぶりにメイン水槽から離れてサンプの記事を。
自作したサンプですが、あまり記事にしていませんでした。
詳しくはこちら↑
良くも悪くも動きはいろいろあったのですが。。

早速全景
P1050159.jpg
P1050171.jpg
赤蛍光灯ON時
P1050146.jpg
余っていたライブロックや飾りサンゴを入れ、メインで持て余してしまったハナガタにも入ってもらっています。
レイアウトを一部変えてみたのと、リフジウム化ということでヘライワヅタを入れました。

ヘライワヅタは水質変化にやや弱く、溶け出してしまうことも多いようです。
特に岩にくっついていない状態で購入するときは導入に注意したほうがよさそうです。

うちでも導入当初に少し溶け出してしまいましたが、今では持ち直して成長してくれています。
余っていた蛍光灯とLEDのみのサンプですが、光量は問題ないようです。

成長速度はすごく速く、1日数センチ成長しています。
このままライブロックや底砂を埋め尽くしてほしいです^^
海藻は、リン酸吸着というよりも、わらわらの床として期待しています。

ヘライワヅタを買うなら、色素が抜けておらず、しっかり岩に根を張ったものを選べばいいと思います。
成長が早いのでサイズも小さいので十分です。

どこかで読んだのですが、ヘライワヅタに限らず、海藻を購入する際は、今生えている草を維持するという考え方ではなく、新芽を育てるという考え方の方がいいようです。




以前サンプにいたタツとヨウジウオは☆にしてしまいました。。
水流が強すぎたせいでうまく泳げず、餌も満足に食べられていなかったんだと思います。
可哀想な事をしました。。
機会があればもう一度チャレンジしたいです。

今はポンプをコラリア1にし、ベニハゼが2匹います。
滅多に姿を見せてくれないので写真はなし^^;

他にも生物は何種類かいて、
P1050152.jpg
ちわ丸からもらったウミシダとか

P1050148.jpg
どこかから沸いてきたアメフラシ(?)とか

P1050165.jpg
よくわからないこんなのとかいます。

コレ、ただのコケとか根っこのように見えるのですが、動物っぽいです。
よーく見ると、もじゃもじゃ動いて水槽面を移動しています。
なぜか水面との境目にいます。
これで1匹なのか?群体なのか?

こういうよくわからない生物の出現はリフジウムっぽくて良いです^^


ということで、現在のサンプはこういう状況です。
このスペースは今後積極的にいじる予定はなくて、このまま海藻を増やして、わらわらがうまく安定してくればタツを入れるくらいです。

わらわらを見てるだけでもにやけてくる人間なので、わらわらがいれば十分です 笑


明日は岡山におでかけです。
天気も良さそうで楽しみ!

では

オイランヨウジ!

2009年09月04日 01:00

こんばんは!


メタハラは相変わらず点かないので、メインの記事はまたお預けです。。

僕の水槽の照明は、自作70Wメタハラx3とLEDいっぱいなんですが、現在メタハラ2機が不調です

不調といっても完全に点かないわけではなくて、放電はするんです。ジジジジ・・・と。
もう一息!てところまでいくのですが、そこから安定せずに数分後に力尽きて消えてしまいます。
点灯しない原因は安定器にあるようです。
でも2機同じようなタイミングでってのが解せません。

そもそもこのメタハラを自作して、ノーブランドの安いランプを初めて点灯させたときもこんな感じだったんですよね。
すぱっとは点かずに、どこか配線でも間違えたのかとオロオロしてるうちに点灯していました。
使っている安定器も古いモデルですし、安定器とランプの相性が悪いんでしょうか。
新しくランプを買っても点くという保障もないので、しばらくいじってみることにします。
そして、もしこのまま点かないようでしたら、照明をLEDのみにしようかと考えています。

メタハラのランニングコストの悪さはみなさんもご存知の通りだと思いますが、このところLEDの値段がかなり落ちてきています。
某オークションで、レコルトのまねっこみたいな物が今や本家の半額以下です。
僕の水槽にも何個かあるのですが、そこそこ明るくて悪くないです。

今からメタハラを直したり、はたまた新しく買ったり、ランプを交換してみたりするなら、LEDいっぱい買ってやろうかと。

LEDで見た目には明るくできても、メタハラに含まれる様々な波長の光がサンゴの成長には重要なのだろうとは思いますが、うちにはそこまで光量を必要とするサンゴはいませんし、大丈夫かなと。
いざとなったらカーテン開けて太陽光を入れれますしね。
太陽光に勝るランプはないでしょう(色揚がりなんかは別でしょうけど)!

メタハラの様子をみつつ、どこかで踏ん切りつけます!



だらだらと文章のみになってしまいましたが、本題はここから^^;

タイトル通り、オイランヨウジをサンプに入れてしまいました!



海草の周りをふらふらして、何かしらバクバクしてます^^
左奥にはタツ、真ん中にはマガキ(海草に埋まっていますが)も写っています。
みんなちゃんとわらわらの周りに来ています^^

最近サンプが楽しいです!


ヨウジと一緒に連れ帰ったサンゴがいるんですが、メタハラ切れの為また今度。。
メインの記事が書きたい。。

ほとんど文章だけの手抜き記事になっちゃいましたが、お付き合いありがとうございます。
今日はこの辺で。

では

サンプにnewcomer!!

2009年08月27日 17:02

こんばんは!

最近めっきり涼しくなりましたねー。
「夏」は1週間くらいだったんじゃないでしょうか!?
水槽用クーラーがない我が家は助かりますが。


さて今回の記事は、前回に引き続きサンプの記事です。


タツを入れたり、海草やワラワラを入れて賑やかになってきたサンプですが、さらに賑やかにしてくれる個体が入りましたよ^^


P1040081.jpg
イボヤギです!

一部欠損ということで格安でした。
遠路遥々九州からお越し頂きました。

P1040086.jpg
P1040101.jpg

オレンジって映えますよねー。
あんまりガッツリ給餌する気はないので正直どうなるかわかりませんが、しばらく様子見て見ます。

怪しくなってきたらちわ丸水槽へ行くかも?
どうやらちわ丸は自分の水槽を陰日性水槽にしようかと企んでいるようです!内緒ですけど!
また落ち着いたらちわ丸が記事にするでしょう。


P1040110.jpg
現在のサンプの飼育スペースはこんな感じです。
真ん中に青白いライト。左から赤いライトが当ります。

全部は写っていませんが、イボヤギの他に、欠損特価のクダサンゴや、病気(?)療養中のキノコなんかもいます。

基本的にここはしっかりレイアウトするというより、隔離&実験スペースにするつもりです。
生体はマガキとタツだけにして、静かに療養していただく場所です。

余っていたライブロックも収まりましたし、こういうスペースが1つあると便利ですね^^

サンプの自作、大成功です。
↑どうなっているか興味ある方は過去記事へどうぞ!

次はライトスタンドを何とかしたいと思っています^^;



おまけ
P1040154-2.jpg
先日記事にしたトサカの森ですが、仲間が増えたようです。
水槽面からわっさわさ、夢ではないかもしれません^^;


では



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。